テニスを職業に!テニスに関わる・携わる仕事を一挙紹介

テニスを仕事にしたい!

テニスに関わる職業に就きたい!

テニス好きなら就職や転職を考えるときにテニスに携わることの出来る仕事を一度は調べるのではないでしょうか?

テニス関係の仕事というとテニスプレーヤー、テニスコーチ、テニススクール・テニスクラブのスタッフを思い浮かべますが、トレーナー、スポーツドクター(医者)、ストリンガー、テニス用品メーカー社員・技術者、テニスショップ、テニスメディア、テニスコート造成業者、審判員、テニス協会員、マネージャーなど挙げればキリがないほど職種は多岐に渡ります。

今回は、テニス関係の仕事をいくつか取り上げ、それぞれの仕事内容ややりがいについて紹介したいと思います。

テニス関係の仕事の内容とやりがいを一挙紹介!

ここでは、テニス関係の仕事を思いつく限り取り上げ、テニスの現場により近い順に並べ、それぞれの仕事内容ややりがいについて考えてみようと思います。

「テニスに少しでも携わりたい!」という思いがあれば、意外と何かしら接点を見つけることが出来るでしょう。

ぜひ、就職や転職の際に参考にしてみて下さい。

テニス関係の仕事 プロテニスプレーヤー

プロテニスプレーヤーはテニスに関わる仕事の代表格といえるでしょう。テニスに関わる仕事というよりもテニスが仕事といった方が良いかもしれません。

プロ登録することでプロテニスプレーヤーとして働くことができます。

仕事内容は、トーナメントで勝つために活動すること、スポンサー企業の宣伝活動をすること、協会が主催するテニス普及のための興行に参加することが主な仕事になります。

テニス関係の仕事 テニスコーチ

テニスコーチはプレーヤーに並び、テニスに関わる仕事の代表格といっても過言ではないでしょう。

テニスコーチの形態は社員・契約・アルバイト・フリーと様々です。

仕事内容は、テニスを教えること、テニススクールの業務を行うことが主な仕事になります。

テニス関係の仕事 テニススクール・テニスクラブ運営会社

テニススクールやテニスクラブを運営する会社の経営者・社員は、日常的にテニスの現場に関わることができるでしょう。

土地やテニスコートの持ち主と契約し、運営することが出来ます。

仕事内容は、経営者・支配人・事務・経理・フロントスタッフ・清掃スタッフ・コートキーパーなどの役職によって、それぞれの仕事が振り分けられます。

テニス関係の仕事 トレーナー・栄養士

トレーナーや栄養士は、プレーヤーのパフォーマンスを高めるためにそれぞれの知見を生かして、テニスと関わることが出来ます。

選手もしくはテニススクールや学校と契約することで活動出来ます。

仕事内容は、トレーニング指導をすること、トレーニングメニューを作成すること、食事や休養などの指導をすることが主な仕事になります。

テニス関係の仕事 スポーツドクター(医者)

スポーツドクターは、専門家としての知見を生かして、テニスと関わることが出来ます。

スポーツ障害などを専門に扱う病院で働く(開業する)、選手と契約する、協会やトーナメント主催者等と契約することで活動出来ます。

仕事内容は、選手の怪我の予防や治療を行うこと、選手の健康状態を管理することが主な仕事になります。

テニス関係の仕事 テニス用品メーカー(社員)

テニス用品メーカーの社員は、ラケット・シューズ・ウェアなどのテニス用品の営業販売者として、テニスと関わることが出来ます。

テニス用品メーカーに入社することで活動できます。

仕事内容は、選手・コーチ・テニススクール・テニスショップへの営業販促、会社の運営に必要な事務が主な仕事になります。

テニス関係の仕事 テニス用品メーカー(技術者)

テニス用品メーカーの技術者は、ラケット・シューズ・ウェアなどのテニス用品の開発者、テニスと関わることが出来ます。

テニス用品メーカーに入社することで活動できます。

仕事内容は、テニス用品の開発と製造が主な仕事になります。

テニス関係の仕事 テニスショップ

テニスショップでは、ラケット・シューズ・ウェアなどのテニス用品の販売者として、テニスと関わることが出来ます。

テニスショップを立ち上げる、テニスショップで雇われることで活動が出来ます。

仕事内容は、テニス用品の販促が仕事になります。

テニス関係の仕事 ストリンガー

ストリンガーは、ラケットのストリングスの専門家として、テニスと関わることが出来ます。

テニスショップを立ち上げる、テニスショップで雇われる、協会やトーナメント主催者等と契約することで活動出来ます。

仕事内容は、ストリングスの張替え(プロ・アマ問わず)が主な仕事になります。

テニス関係の仕事 テニスメディア運営会社

テニスメディア運営会社は、テニスに関する情報発信をするメディア運営で、テニスと関わることが出来ます。

テニスメディアの運営会社に入社することで活動できます。

仕事内容は、取材、記事の執筆、営業(広告など)、ECサイトの運営が主な仕事になります。

テニス関係の仕事 テニスコート造成業者(建設会社)

テニスコート造成業者は、テニスコートやそれに付随する建造物の専門家として、テニスと関わることが出来ます。

建設会社の1事業として活動できます。

仕事内容は、テニスコートを作ること、フェンスやクラブハウスの建設が主な仕事になります。

テニス関係の仕事 テニス審判員

テニス審判員は、テニスの試合の審判員として、テニスと関わることが出来ます。

審判員の資格を取り、大会に派遣されることで活動できます。

仕事内容は、アマチュア大会(ジュニア・一般・シニア)やプロ大会に派遣され、審判を行うのが主な仕事になります。

テニス関係の仕事 テニス協会員

テニス協会員は、テニス界を統括する代表団体員として、テニスと関わることが出来ます。

各地域テニス協会もしくは日本テニス協会に就職で入ることが出来ます。

仕事内容は、主催大会やイベントを企画立案・運営すること、ランキングなどの仕組みやルールを作ることが主な仕事になります。

テニス関係の仕事 マネージャー(代理人)

マネージャーは、プロテニスプレーヤーの活動をマネジメントする立場として、テニスと関わることが出来ます。

プロテニスプレーヤーと契約を結ぶことで活動出来ます。

仕事内容は、プレーヤーのスポンサー契約やテニス以外のスケジュール管理が主な仕事になります。

まとめ

もしテニス関係の仕事をやりたいと思うなら、これだけの仕事があります。

一人前になるまでには時間と労力のかかる仕事が多いのは確かですが、「テニスが好きだから続けられる!」というのであれば問題ないでしょう。

もちろん、今の仕事を続けながら・他の仕事をしながらでもテニスと関わることは出来ます。

週末にテニスコーチをしたり、審判の資格を取って大会のロ―ビングアンパイアをしたり、ボランティアでイベントのお手伝いをしたり、テニスについての情報をSNSやブログで発信したり。

様々な携わり方が出来ると思うので、自分なりのテニスとの関わり方を見つけてください!

テニスコーチにおすすめの○○まとめ記事一覧

テニスコーチにおすすめの転職サイト 転職を考えているなら!

テニスコーチにおすすめのクラウドソーシングサービス スキマ時間にお金稼ぎ!

テニスコーチにおすすめのクラウド会計ソフト 確定申告に!

テニスコーチにおすすめのポイントサイト 労力かけずに小遣い稼ぎ!

テニスコーチにおすすめのマッチングアプリ 出会いのないテニスコーチに!

テニスコーチにおすすめの婚活サービス そろそろ結婚したいテニスコーチに!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 1月 08日