転職・就職してテニスコーチになりたい人へ。現役コーチからの提言。

最初に言っておくと、ぼくはこれからテニススクールに就職や転職してテニスコーチになることはおすすめしません。

なぜなら、収入や勤務時間などの待遇があまり良くない上に、ただのテニス好きテニスコーチが増えると全体の労働環境悪化がさらに進むからです。

もちろん労働に対して適正な給料や勤務形態で雇ってくれるテニススクールを見つけたり、個人事業として週末などの空いた時間にテニスコーチをしたりするなら良いと思いますが、特別な経歴や技術がないと実現することはなかなか難しいでしょう。

今日は、これから就職や転職でテニスコーチになりたい人のために現役テニスコーチであるぼくからひとつ提言をしたいと思います。

テニスコーチになりたいなら常識を疑え!

ぼくはテニスコーチの働き方やテニススクールの経営はまだ未完成だと思っています。

それは経営母体が大きい大手チェーンのテニススクールでも、個人経営の小さなテニススクールでも同じです。

今のまま続けていたら必ず限界を迎えるでしょう。

だから、テニスコーチになりたいのであれば今のテニスコーチやテニススクール業界の常識に流されないことが大切です。

本当にこの働き方で良いのかを問い続けるのです。

能力のあるテニスコーチはもっとお金を貰うように交渉すべきです。

奴隷のように低賃金長時間労働をしている下っ端テニスコーチは労働環境について交渉すべきです。

テニスコーチの待遇が良くならないのはテニスコーチ本人がお金と労働についてきちんと意見を述べることが出来ないことが原因なのです。

もし就職や転職で新たにテニスコーチになるのであれば、テニスコーチの常識に染まる前におかしなことをおかしいと主張することが大切です。

年齢とか経験とか関係ありません。自分の身は自分で守るしかないのです。

それが出来るのであれば、テニスコーチとして十分に活躍できると思います。

まとめ

ヤフー知恵袋や教えてgooのような掲示板サイトを見ていると、テニスコーチに転職・就職したいという人の相談に対して否定的な意見が多くみられます。

ぼくも「今」のテニスコーチになりたいなら絶対に反対です。

でも、新しいテニスコーチのあり方を体現出来る存在になるなら大賛成です。

ぼくは必ず今のテニススクールやテニスコーチの当たり前を壊します。

これからテニスを仕事にしたいと思っている子どもたちのために。

あなたのテニススクールを変えるには?

ぜひ興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい!

テニススクールコンサルティング
独自の経営戦略によって、1年間で横浜市にあるテニススクールの年間新規入会者数2倍増、1ヶ月あたりの売り上げ高200万円増を達成しました。無料相談を受け付けています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

高田衛

慶應義塾大学卒のテニスコーチ/テニススクール共同経営者

はじめまして、高田衛と申します。

慶應義塾大学在学中に事業を起こし、2017年8月から神奈川県横浜市にあるレニックステニススクールを拠点に活動しています。

みなさまのおかげで、1年目から年間新規入会者数・売り上げ高前年比2倍を達成することが出来ました。

当サイトでは、テニスコーチの地位向上を目的として、「どうすればテニスコーチがもっと稼げるようになるのか」、「どうすればテニススクールにもっと人が集まるようになるのか」について意見を述べたいと思います。

ぜひ、テニスコーチ・テニススクール経営者のみなさまにテニスを通じて豊かな人生を送って頂きたいと思います。

テニススクールコンサルティングのお問い合わせはこちらから。