所属するテニススクールから独立して個人事業主としてフリーのテニスコーチになる人は少なくありません。

なぜならテニススクールに雇われる社員やアルバイトは安月給かつ長時間労働を強いられるからです。構造的に労働対価としてふさわしい給料を貰えない仕組みなのです。

もちろん独立した場合は、個人で集客をして契約したテニスクラブや予約した公営テニスコートでレッスンをすることになるので、不安定に思われるかもしれません。

しかし、全てを自力で成功することが出来れば驚くほどの実力と収入が手に入ることは間違いないでしょう。

今日はどこにも雇われずに個人事業主としてフリーテニスコーチをする方法を詳しく解説したいと思います。

テニススクールに雇われないフリーテニスコーチになる方法

テニススクールを辞めて自分でテニスコーチ業を続けるためには「集客・レッスン・契約」の3つを全て1人で出来るようにならなくてはいけません。

その中でも、「レッスン」はこれまでの経験値があるので全く問題ないでしょう。また、「契約」も基本的には個人対個人でレッスンの対価としてお金を貰うというシンプルなものなのでそこまで難しいトラブルは起こらないでしょう。

しかし、これまで雇われていたテニスコーチの場合は特に「集客」が1番の問題になるでしょう。

もちろん、テニススクールに所属していた時代に信頼を築いた生徒さんがついてきてくれる可能性もありますが、その後口コミに頼るばかりでは生徒数が尻すぼみになるのは間違いないでしょう。

つまり、フリーになりたいなら自分の身を守るために戦略的な集客方法を覚える必要があります。

1番手っ取り早く効果が期待できるのは、「インターネット集客」です。

公営テニスコートを使っておじさんやおばさん達を相手にレッスンをしているテニスコーチを見たことがあるでしょう。

あの人たちは決してテニスが上手いわけでも教え方が上手いわけでもありませんが、意外と人が集まっています。

つまり、集客にそのテニスコーチのレベルはほとんど関係ないのです。

どんなに下手なテニスコーチでも集客戦略次第では人気コーチになってしまう可能性もありますし、素晴らしい能力を持っているテニスコーチでも知られていなければ存在しないのと同じ扱いになってしまうのです。

まとめ

僕は「職人気質で高い能力を持っているテニスコーチ」や「下手だけど強い思いのあるテニスコーチ」を助けたいという思いでこのブログを更新しています。

なぜなら、どちらも僕の存在意義を最大限に引き出してくれる人たちだからです。

もし、テニススクールを辞めて独立しようと考えている方はご一報ください。

その先に、きっと面白い世界が待っているはずです。

テニスコーチにおすすめの○○まとめ記事一覧

テニスコーチにおすすめの投資法 投資でー100万円!?

テニスコーチにおすすめの転職サイト 転職を考えているなら!

テニスコーチにおすすめのクラウドソーシングサービス スキマ時間にお金稼ぎ!

テニスコーチにおすすめのクラウド会計ソフト 確定申告に!

テニスコーチにおすすめのポイントサイト 労力かけずに小遣い稼ぎ!

テニスコーチにおすすめのマッチングアプリ 出会いのないテニスコーチに!

テニスコーチにおすすめの婚活サービス そろそろ結婚したいテニスコーチに!

関連記事

    • 鈴木優希
    • 2019年 10月 04日

    はじめまして、記事を拝見しました鈴木と申します。
    現役テニスコーチではありませんが、脱サラして、個人事業主のテニスコーチになろうと考えているものです。
    現在、某金融機関で営業、融資業務に携わっていますが、全くもってやりがいを感じていません。
    上司と部下と、お客様に気を遣いながら、毎日理不尽な要求をされ、辟易としています。
    現在34歳ですが、テニス経験は長く、大学生の時にアルバイトコーチ経験、20代は草トーナメントで修行を積み、テニスオフというサイトでシングルスの練習会、大会を主催していました。
    日本の大会でジャパンオープンやデビスカップ、グランドスラムでは全豪を観戦、全仏、全英の会場に訪れ、ATPファイナルも観戦しました。
    ラケットを初めて握る方でも、2時間でラリーが出来るように教えることが出来ます。
    JOPランカーレベルの技術はありませんが、市営コートのレッスンで、初心者を楽しませ、生涯スポーツとして、ストレス解消や健康増進に寄与することが出来ると考えています。
    集客については、インターネットでの募集が得意で、趣味でピアノサークルを立ち上げ、3年で50名の会員を集めました。
    完全に趣味としてやっていましたので、営利目的で本気を出せば10倍の集客も可能であると考えています。
    テニスの集客方法は、SNSでの告知、ホームページ、ビラまきで月の客単価5,000円×100人集めれば毎月50万円の収入です。
    小規模事業者持続化補助金を利用し、ホームページ制作、チラシ制作費用を捻出します。
    数百社の決算書を見てきて、経営とは何か、収益とな何かということは人一倍理解しているつもりです。
    銀行業務はAI、フィンテック、キャッシュレス決済の台頭により、必ず淘汰され、この先の将来、確実に需要は無くなります。
    しかし、テニスというスポーツが、30年後消滅していることはまずないでしょう。
    やりがいを大いに感じられ、自分次第でいくらでも稼げるフリーランスのテニスコーチに私はなりたいと考えています。
    どうかお力添え頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

      • tenniscoach
      • 2019年 10月 09日

      コメントありがとうございます。

      様々な考えや思いをお持ちであること、とても素晴らしいと思います。

      あとは何事もやってみなければわかりませんから、ぜひ決意が固まったら行動してみて下さい。

      応援しています。がんばってください!

    • 河野猛
    • 2020年 6月 09日

    初めまして、河野と申します。
    約10年ほどテニススクールにてコーチをしておりました。
    現在は全く別の職種で働いており、ブランクは1年ほどです。
    またテニスコーチとして個人で独立したいと考えております。
    難しいとは思いますが、自分としてはテニススクールの経営もしたいと思っておりますが資金は全くありません。
    何かアドバイスを頂けると幸いです。
    よろしくお願い致します。

      • tenniscoach
      • 2020年 6月 11日

      コメントありがとうございます。

      まずはフリーのテニスコーチとして、お仕事がお休みの日を使ってはじめてみましょう。
      もしくは、どこかのテニススクールでアルバイトをしてもいいかもしれません。

      「独立したい!」という目標があれば、以前テニスコーチといて働いていたときとは違う見方が出来ると思います。

      ぜひ応援しておりますので、頑張ってください。

  1. 2018年 12月 21日