テニスコーチを辞めたい!転職・起業を考えるあなたへ。

今年からテニススクールの経営・集客のコンサルティングや個人事業主のテニスコーチのコンサルティングを始めました。

その中で、最初はテニスコーチになりたいと思って始めたものの、今ではあまりの待遇の悪さからテニスコーチを辞めたいと考えている人も多いことがわかりました。

朝から晩までオンコートでレッスンをしても一般的なサラリーマンを大幅に下回る年収しかもらえず、家族を養っていくにはお金も時間も不十分であるのは間違いありません。

だから、テニスコーチを辞め転職したり、テニスコーチもしくは異業種で独立起業したりするのは1つの手段として有りだと思います。

しかし、転職や起業を考える上で忘れてはいけないのは、社会的に見てテニスコーチは圧倒的な情報弱者であるということです。

テニスコーチはもちろんテニススクールの社長であっても本当に何も知りません。

今日は、テニスコーチを辞めたいと考えている人に向けて、これからの人生をより良くするために気を付けるべきことを書いてみたいと思います。

テニスコーチを辞めて転職や起業するときの注意点とは?

以前、当サイト「テニスコーチの戯言」でもテニスコーチから転職する際の注意点について記事を書きました。(関連記事:テニスコーチから転職するときの注意点とは?

その記事では、お金や時間という待遇だけにこだわらずに、テニスコーチという仕事の「やりがい」を越える就職先を見つけるべきだと書きました。

にも拘らず、「楽してお金を稼ぐ方法を教えてください」、「簡単にテニススクールの集客力を上げる方法を教えてください」系のお問い合わせが、ぼくのもとに絶えず届きます。

お金だけに囚われないようにと釘を打ちましたし、ぼくは一度も楽して簡単に稼ぐ方法を知っているとは言っていません。

このような馬鹿な質問しかできない状態でテニスコーチを辞めたところで、転職や起業は上手くいかないのは明らかです。

社会経験がほとんどないといっても過言ではないテニスコーチを中途採用してくれる企業なんてそうありませんし、楽して稼げる新規事業なんてこの世にはないことを理解しなくてはいけません。

そうしないと表向きホワイトなブラック企業に転職してしまったり、よくある「1日ワンクリックで億万長者!」みたいな詐欺に騙されたりするのです。

テニスコーチを辞めて転職や独立を考えているなら、自分の中の甘い妄想はやめるべきです。

きっと今よりも精神的コストのかかる仕事が増えるでしょうし、待遇もそこまで大きくは変わりません。

もしかしたら、今よりもっと悪くなるかもしれません。

決して、脅したいわけではありません。

そこまでの覚悟をしてテニスコーチを辞めないと、きっと甘い誘惑に負けてしまうとぼくは思うのです。

自分が転職したらどうなるのか気になる方はテニスコーチの転職におすすめの求人サイトをまとめたので、参考にしてみて下さい。

まとめ

もしかしたら、こんな失礼なお問い合わせをしてくる時点で、ぼくがその人を助ける必要はないのかもしれません。

でも、ぼくはテニス業界に限らず、スポーツ業界のビジネスを健全なレベルに引き上げたいのです。

「健全に経営して健全に働ける環境」を作れなければ、そのスポーツを発展させる能力のある優秀な人材を継続的に雇うことは出来ません。

これからもそのために頑張ります。

あなたのテニススクールを変えるには?

興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい!

カンコドリがなくまえに生徒をあつめませんか?
教室集客についての講義(全14回)を無料でうけられるメールマガジンです。

スクールビジネスオーナー養成所
教室開業・集客・経営の基礎から最新のノウハウまでを学べる、ワンランク上を目指す先生・経営者のためのオンラインサロンです。

テニススクールコンサルティング
独自の経営戦略によって、1年間で横浜市にあるテニススクールの年間新規入会者数2倍増、1ヶ月あたりの売り上げ高200万円増を達成しました。無料相談を受け付けています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

高田衛

慶應義塾大学卒のテニスコーチ/テニススクール共同経営者

はじめまして、高田衛と申します。

慶應義塾大学在学中に事業を起こし、2017年8月から神奈川県横浜市にあるレニックステニススクールを拠点に活動しています。

みなさまのおかげで、1年目から年間新規入会者数・売り上げ高前年比2倍を達成することが出来ました。

当サイトでは、テニスコーチの地位向上を目的として、「どうすればテニスコーチがもっと稼げるようになるのか」、「どうすればテニススクールにもっと人が集まるようになるのか」について意見を述べたいと思います。

ぜひ、テニスコーチ・テニススクール経営者のみなさまにテニスを通じて豊かな人生を送って頂きたいと思います。

テニススクールコンサルティングのお問い合わせはこちらから。