アルバイトテニスコーチの時給の相場とそれを上げる方法とは?

アルバイトテニスコーチの待遇はテニススクールによって様々で、各地域が設定している最低賃金ギリギリのところもあるでしょう。

テニスコーチという職業は正社員や契約社員よりもアルバイトが多くの割合を占めています。

そのため、アルバイトコーチの時給相場が上がらない限り、テニスコーチの労働環境を変えることにつながりません。

今日は、テニスのアルバイトコーチの時給の相場を確認し、それを上げる方法について考えてみたいと思います。

アルバイトテニスコーチの時給の平均はいくら?

テニススクールで働くアルバイトテニスコーチの時給相場は1000~1500円と言われています。(関連記事:テニスコーチの平均年収【2019年版】

この数字からわかることは、時給の安いテニスコーチはコンビニの店員と同じくらいの水準でしか時給をもらえていないということです。

コンビニの店員は誰にでもできますが、テニスコーチはある程度テニスを出来ないと務まらない仕事です。

本来、このような参入障壁のある仕事の時給は、人と仕事の需給の関係でもっと高くなるはずです。

アルバイトテニスコーチの時給を上げる方法とは?

アルバイトテニスコーチの時給を上げるためには「時給の相場自体を上げるか」、「個人的に時給を上げるか」の2つのアプローチ方法があると思います。

ぼくは前者の方が後者よりも現実的で有効な手段だと考えます。

「テニスコーチ全体の時給の相場を上げることなんて出来るの?」と思うかもしれませんが、実はテニスコーチ個人が時給を上げようと試行錯誤するよりもシンプルな方法で実現可能なのです。

なぜなら、時給は市場原理によって自然に決まる仕組みを持っているからです。(参考記事:テニスコーチは待遇にNOを突きつけろ!

まず大切なのは、この現状がおかしいということにテニスコーチが気付けるかどうかです。

もともとの時給設定もおかしいですが、多くのテニススクールでテニスコーチが不足しているにもかかわらず時給の相場が上がらないのはもっとおかしなことなのです。

人手不足ならお金をかけてでも人を雇うのは当たり前のことですよね?

アルバイトコーチがこの市場原理を理解して社員やスクールの経営者に交渉すれば、時給を上げざるを得ない状況になるはずです。

その輪が広がれば、必ずテニスコーチ全体の収入は上がっていくでしょう。

「そんなの待ってられないよ!」という人はスキマ時間を使った仕事(クラウドソーシング)ポイントサイトでお小遣い稼ぎをすると良いでしょう。

まとめ

今現在のテニスのアルバイトコーチの時給は明らかに不当です。

これまでの記事にも書いていますが、テニスコーチの収入が低い原因はテニスコーチにあることを忘れてはいけません。

「なぜテニスコーチの時給や年収が低いのか」を論理的に考えて、具体的な行動を起こせば必ず少しずつ待遇は変わっていくでしょう。

今の子供たちが大きくなったときに、テニスコーチという職業が魅力的なものになっていてほしいものです。

テニスコーチにおすすめの○○まとめ記事一覧

テニスコーチにおすすめの転職サイト 転職を考えているなら!

テニスコーチにおすすめのクラウドソーシングサービス スキマ時間にお金稼ぎ!

テニスコーチにおすすめのクラウド会計ソフト 確定申告に!

テニスコーチにおすすめのポイントサイト 労力かけずに小遣い稼ぎ!

テニスコーチにおすすめのマッチングアプリ 出会いのないテニスコーチに!

テニスコーチにおすすめの婚活サービス そろそろ結婚したいテニスコーチに!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。