Loading

BLOG

どうすればテニススクールやテニスクラブの経営再建・再生が出来るのか?

テニススクールやテニスクラブの経営が厳しくなり、個人・企業問わず倒産とまではいかずともここ数年間は赤字やトントンの状態が続いているところが多いようです。

また、資金面の問題だけでなく、バブルの頃に出来たテニスクラブの経営者やオーナーの高齢化による跡継ぎ・相続問題も存続する上で大きな障壁になっています。

僕自身が去年から一番深く関わっているテニスクラブ・テニススクールも例外ではありません。

しかし、順調にテニススクールの会員数と売り上げを伸ばし、2017年12月にはテニススクール運営過去11年間で最高益をあげました。そして、少しずつではありますがテニスクラブ全体の財務状況も改善傾向にあります。

まだまだ予断を許さない状況であることに間違いありませんが、この1年間で僕はどうすれば経営再建や事業再生を行うことが出来るのかを学ぶことが出来ました。

今日は、どのような方法でここまでテニススクールやテニスクラブの再建を行ってきたのか、これからさらにどのような方法で成長を狙うのか具体的な事例を挙げながら考えてみたいと思います。

テニススクール・テニスクラブの再生や成長の戦略とは?

僕としてはテニススクールやテニスクラブに限らず、どのような事業でも当たり前のことを当たり前に継続できれば、ほぼ必ず再生できるとこの1年間で確信しました。

ここからは、「これまでの再建戦略」と「これからの成長戦略」という2つのチャプターに分けて解説を進めていきたいと思います。

これまでに行ったテニススクール・テニスクラブの再建戦略

僕がテニススクールやテニスクラブの運営に加わったのは約1年前。どのようにしてこの1年間でテニススクール事業における過去最高売り上げ・利益を生み出したのかを振り返りたいと思います。

まず、はじめにやったのは「ビジョン」と「強み」を見出すことです。

全ての決断や行動の指針となるテニススクール全体のビジョンを設定し、そのビジョンを達成するための1番の武器を見つけることが出来れば、今ある環境で最大の成果を出すことが出来ると考えたからです。

例えば、僕たちのビジョンは「老若男女全ての人がチャレンジし続けることの出来る環境と機会を提供する」ということです。そして、そのビジョンを達成するための1番の強みは実績のある「ジュニア選手の育成」です。

この2つのポイントさえ決まってしまえば、あとは強みを生かしてビジョンを目指すだけです。

僕たちは具体的に、「競争力を高めるために多くの選手を集める → 現代集客の中心となっているホームページやブログ等を使ったWEB集客を積極的に取り入れる」、「選手によりよい練習環境を与える → 他事業とのテニスコート利用時間のバランスを整える」、「選手により良い指導を行う → 魅力的なテニスコーチと契約する」、「自分たちが指導する選手以外にも本物に触れる機会を与える → ジュニア大会を開催する」などなど、ここには書ききれないほどたくさんのことにこの1年間で取り組みました。

どうすればより強みを生かしてビジョンに近づけるのか。

それをシンプルに考えてシンプルに行動に移していく。

それさえ出来れば、今のポテンシャルで出せる最大の成果を生み出すことが出来るでしょう。

これから行うテニススクール・テニスクラブの成長戦略

さて、長々とこれまでのことを書きましたが、本当に大事なのはここからです。

ある程度そのテニスクラブやテニススクールの経済的・文化的基盤が出来上がってきたら、その基盤を確かなものにしつつ新たな成長の素を見つけなくてはいけません。

1番の強みをさらに伸ばすのは最低条件として、「これはもしかしたらビジョンを達成するための第2・第3の強みになりうる!」という部分を見つけて伸ばしていくのです。

おそらく、ここまで出来たらそのテニスクラブやテニススクールが持つ「仕組み」の中で出来る最大限のパフォーマンスを生むことが可能でしょう。

ここまで来たら「仕組み」を一度壊す必要があると思います。さらに高いパフォーマンスを引き出せるようなシステムやルールの変革が必要になるのです。

このあたりは僕自身もまだ経験していない部分なので想像の域を越えませんが、3~5年後には具体的な形になって現れるでしょう。

まとめ

ここまで事業再生の方法論を書いてきました。

しかし、自分で書いておいてなんですが事業の再生や再建をするにあたって大切なのは方法論ではないと僕は思っています。

きっとこれと同じようにやっても上手くいきません。

大切なのは「思い」です。

どれだけそのビジョンを達成したいか。

どれだけ達成できると信じているか。

思いさえあれば、もし方法論を間違って遠回りしたとしても必ず最後は上手くいきます。

諦め切れないほど強い思いを持つことが全ての根源なのです。

テニスコーチにおすすめの○○まとめ記事一覧

テニスコーチにおすすめの投資法 投資でー100万円!?

テニスコーチにおすすめの転職サイト 転職を考えているなら!

テニスコーチにおすすめのクラウドソーシングサービス スキマ時間にお金稼ぎ!

テニスコーチにおすすめのクラウド会計ソフト 確定申告に!

テニスコーチにおすすめのポイントサイト 労力かけずに小遣い稼ぎ!

テニスコーチにおすすめのマッチングアプリ 出会いのないテニスコーチに!

テニスコーチにおすすめの婚活サービス そろそろ結婚したいテニスコーチに!

テニス関係の仕事に就職したい!そんな若者に向けて2つの忠告

テニスコーチのアルバイトや学生コーチの経験を就職活動に生かすには?

関連記事

  1. テニススクールの経営を始める方法とその手順を公開!

    2017.07.05
  2. これからのテニススクール経営について考えてみた

    2019.03.01
  3. テニスコートのオーナー・経営者必見のコート活用術とは?

    2018.01.28
  4. この時代にテニススクール運営会社がとるべき経営戦略とは?

    2018.02.19
  5. 経営難に陥るテニスクラブ・テニススクールが増える原因とは?

    2019.02.05
  6. テニススクールの売り上げを伸ばすアイデアと具体的な方法

    2017.03.21

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP