テニススクールの正社員・契約社員テニスコーチの年収相場が低い原因

今日からテニスコーチやテニススクールが抱える問題点(収入、勤務時間、集客、経営など)とそれらの解決策について書いていこうと思います。

今日はその中でも最も悲惨な社員テニスコーチの年収の相場について見ていきましょう。

まずテニスコーチの悲惨な収入の現状について触れ、なぜこのような低賃金労働が生まれるのかというところまで解説していきます。

どんな職場でも賃金の問題は出てきますが、一概に雇用主が悪いとは言い切れません。

どうすればテニスコーチの収入はアップするのでしょうか?

テニススクールの正社員・契約社員テニスコーチの年収の相場とは?

テニススクールで働くテニスコーチの収入の相場はアルバイトコーチを含めて、年収150~300万円といわれています。

テニススクールの契約社員の場合の収入の相場は年収200~250万円、正社員でヘッドコーチ等の役職を務めている場合の収入の相場は年収300~600万円と言われています。

これらはあくまで相場であり、テニスコーチをしながらスクールの事務作業や会場の運営管理をしている場合はそれに応じて収入が上がるでしょう。

年収の相場を見てもわかるように、数少ない正社員であっても社会人の平均年収500万円を越えない人も多くいるのが現状です。

なぜテニススクールに雇用される社員テニスコーチでも給料が安いのか?

実は、テニスコーチの給料が安い原因の大部分はテニスコーチ本人にあります。

決して「能力不足だ!」とか「気合が足りない!」とか言いたいわけではありません。

「テニスが好きだから給料の額に関係なく働くテニスコーチ」や「テニスコーチしか自分にしか出来ないと思い込んでいるテニスコーチ」がいるから、テニスコーチ全体の低収入化を招いているのです。

基本的に給料の額というのは、需要と供給の関係で成り立っています。

例えば、ある仕事のアルバイトを時給900円で募集したものの誰もやりたがらない場合は、その仕事を無くすか時給を「1000円、2000円…」と上げていかざるを得なくなりますよね?

一方で、安い給料でも働いてくれる人がいる仕事は基本的に給料を上げる必要性がないのです。

つまり、テニスコーチの収入が上がらない原因はテニスコーチ自身が安月給でも働き続けるからなのです。

まとめ

とは言っても、テニスコーチの収入が今すぐに上がるということは期待できないでしょう。

なぜならテニスコーチの中には安い給料でも働き続ける人が必ず一定数いるからです。

もしテニスコーチとして相場以上の年収を稼ぎたいなら、独立して経営者側に立つか副業をしてお金を稼ぐしかないでしょう。

あなたのテニススクールを変えるには?

興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい!

カンコドリがなくまえに生徒をあつめませんか?
教室集客についての講義(全14回)を無料でうけられるメールマガジンです。

スクールビジネスオーナー養成所
教室開業・集客・経営の基礎から最新のノウハウまでを学べる、ワンランク上を目指す先生・経営者のためのオンラインサロンです。

テニススクールコンサルティング
独自の経営戦略によって、1年間で横浜市にあるテニススクールの年間新規入会者数2倍増、1ヶ月あたりの売り上げ高200万円増を達成しました。無料相談を受け付けています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 2月 11日
  2. 2017年 2月 14日

プロフィール

高田衛

慶應義塾大学卒のテニスコーチ/テニススクール共同経営者

はじめまして、高田衛と申します。

慶應義塾大学在学中に事業を起こし、2017年8月から神奈川県横浜市にあるレニックステニススクールを拠点に活動しています。

みなさまのおかげで、1年目から年間新規入会者数・売り上げ高前年比2倍を達成することが出来ました。

当サイトでは、テニスコーチの地位向上を目的として、「どうすればテニスコーチがもっと稼げるようになるのか」、「どうすればテニススクールにもっと人が集まるようになるのか」について意見を述べたいと思います。

ぜひ、テニスコーチ・テニススクール経営者のみなさまにテニスを通じて豊かな人生を送って頂きたいと思います。

テニススクールコンサルティングのお問い合わせはこちらから。