テニスコーチは一生涯続けられる人の方が少ない職業です。

若いうちに就職して正社員やアルバイトとしてテニスコーチを経験してから転職をする人や、脱サラをして中途でテニスコーチに転身する人がほとんどでしょう。

どちらの場合も、きちんとした目的意識があればさほど難しいものではありません。

しかし、あまり深く考えずに転職をするとその後も職を転々しなくてはいけなくなり、思い描いていた人生とは全く違うものになってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、テニスコーチを辞めたい人のためのテニスコーチから転職する方法とテニスコーチになりたい人のためのテニスコーチに転職する方法について、考えるべきことから具体的にとるべき行動まで解説したいと思います。

テニスコーチから転職・テニスコーチに転職する前に考えておくべきこと

もし、あなたにとって今回が初めての転職であれば、悩みは尽きないでしょう。

転職は特定の場合を除き、回数が多ければ多いほど不利になります。

当たり前ですが、企業にとって安易に転職を繰り返す特性を持っている人を中途採用するメリットはあまりありません。

そのため、テニスコーチからの転職であっても、テニスコーチになるための転職であっても、きちんと考えた上で具体的な行動を起こすべきなのです。

では、具体的に転職が頭をよぎったときに、どのようなことを考えるべきなのでしょうか?

まず考えるべきことは「今の仕事を本当に辞めるべきか?」です。

「テニスコーチを辞めるべきか」、「今の会社を辞めるべきか」という問いを自分にぶつけてみましょう。

そりゃあ辞めたいですよ!

そう思っている方がこの記事を読んでいるとは思いますが、一度冷静になって考える必要があります。

なぜ辞めたいのか?

給料が安いから。

人間関係が煩わしいから。

残業が多いから。

仕事にやりがいを感じないから。

などなど…。

さまざまな理由が挙がるでしょう。

では、次にそれらは中長期的に改善に向かっているかどうか、転職すれば解決されるのかどうかを考えましょう。

多くの会社はすぐに変わることは難しくても、問題があれば少しずつ改善していく体質を持っています。

そのため、待つことで改善されるならば今の仕事を続けることも出来るでしょう。

また、それらが転職することで解決するのかどうかも冷静に見極めることが重要です。

転職すれば本当に給料は上がるの?

転職すれば本当に人間関係は良くなるの?

転職すれば本当に残業はなくなるの?

転職すれば本当に仕事にやりがいが生まれるの?

ここまで面倒な自問自答を繰り返した後に、「それでも転職をしたい!」と思うのであれば、具体的な転職活動へと歩みを進めましょう。

もちろん、転職活動をしたからといって必ず転職をしなくてはいけないわけではありません。

次にそれぞれ紹介する具体的な転職の方法を読み、転職活動を始めてから「やっぱり辞めるのを辞めよう!」でも構わないのです。

テニスコーチを辞めたい!テニスコーチから転職するには?

テニスコーチから転職を考えている方の転職方法について解説しましょう。

テニスコーチが転職活動をするならば、2~6ヶ月の時間的猶予が必要です。

まず、転職支援サービスや転職サイトに登録をして求人情報を探したり、コンサルタントに相談したりします。(関連記事:テニスコーチからの転職におすすめの転職サイトまとめ

情報収集と自己分析を十分に行い、自分の思い描く転職先を探しましょう。

次に、自分に合った会社に応募し、書類審査を通れば面接を受けます。

履歴書の作成や面接など一番忙しい時期になります。

最後に、内定を貰い入社の手続きを行います。

内定が決まり次第、今の職場(テニススクールなど)には退職する旨を伝えましょう。

法律では2週間前までに言えば退職できることにはなっていますが、なるべく早く転職する可能性があることを伝えておくべきでしょう。

テニススクールはどこも人手不足であることは間違いありませんからね。

テニスコーチになりたい!テニスコーチに転職するには?

テニスコーチへの転職を考えている方の転職方法について解説しましょう。

サラリーマンからテニスコーチへ転職活動をするならば、2~3ヶ月の時間の猶予が必要です。

テニススクールで転職サイトに中途採用の求人を出しているケースはあまり多くないので、直接テニススクールのホームページ等で求人募集を確認しましょう。(本記事作成時には、リクルートが運営しているIndeed、価格ドットコムが運営している求人ボックスにはテニスコーチの募集が載っていました。)

基本的な手順はテニスコーチからの転職と同じですが、大手テニススクールに入るのか、地域のテニススクールに入るのかで、テニスコーチとしてどのような働き方をするのかが決まるので、注意が必要です。

大手テニススクールはテニスの普及活動がメインのケースが多く、地域のテニススクールはジュニア選手の育成などに特化しているケースが多いです

もちろん安定感を求めるなら大手テニススクールへ、刺激的なチャレンジがしたいなら地域の特化型テニススクールへ入ると良いでしょう。

また、転職とは少し話が違いますが、テニス選手としての実績をお持ちの場合はフリーのテニスコーチになるのも1つの手だと思います。(関連記事:独立して個人事業主となってフリーテニスコーチをする方法とは?

まとめ

僕は転職するしないは別として、仕事に行き詰まりを感じたときに転職活動をしてみるのは1つの有効な手段だと思います。

先にも書いた通り、転職活動をしたから必ず転職しなくてはいけないなんてことはありませんし、転職活動をしたおかげで今の職場の良さを再確認するなんてこともあるのです。

「絶対に転職するんだ!」と盲目的にならず、今の仕事を続けるという選択肢も残しつつ自分の市場価値や評価を見てみると良いでしょう。

きっと今よりも良い人生が待っているはずですよ!

テニスコーチにおすすめの○○まとめ記事一覧

テニスコーチにおすすめの転職サイト 転職を考えているなら!

テニスコーチにおすすめのクラウドソーシングサービス スキマ時間にお金稼ぎ!

テニスコーチにおすすめのクラウド会計ソフト 確定申告に!

テニスコーチにおすすめのポイントサイト 労力かけずに小遣い稼ぎ!

テニスコーチにおすすめのマッチングアプリ 出会いのないテニスコーチに!

テニスコーチにおすすめの婚活サービス そろそろ結婚したいテニスコーチに!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。