新規入会キャンペーンをしても生徒が集まらないテニススクールの問題点

春や秋は多くのテニススクールで無料体験レッスンや新規入会キャンペーンが行われる季節です。

新たな生徒を集めるために大幅な入会金や月会費の割引をしたり、テニスシューズやウェアなどの特典を付けたりと各テニススクールで様々な工夫が成されています。

しかし、そのようなキャンペーンを行ってもなかなか人が集まらないテニススクールも多いのではないでしょうか?

なぜ、かなりお得な条件でも無料体験レッスン受講者や新規入会者が増えないのでしょうか?

今日は、キャンペーンを行っても生徒が集まらないテニススクールが共通して抱える問題点について解説したいと思います。

なぜキャンペーンを行ってもテニススクールの生徒が増えないのか?

以前、僕はテニススクール集客には3つのフェーズが存在するという記事を書きました。

その3つのフェーズとは「リーチする → 体験する → 契約する」というものです。

キャンペーンはそのうちの最終フェーズである「契約する」に大きな影響を与える集客戦略といえるでしょう。

つまり、潜在的な顧客にリーチし、質の高いレッスンを行わない限り、キャンペーンによる集客効果は得られないのです。

キャンペーンの集客効果を最大化させるテニススクールの潜在顧客へリーチする方法

まず、潜在的な顧客(テニススクールに通える範囲内が生活圏内の人)に対してテニススクールやキャンペーンの存在を知ってもらわなくてはいけません。

なせなら、人にとって知らないものはこの世に存在しないのと同じだからです。

これまでは、チラシやPOP、ポスター、のぼりなどを使ってテニススクール近辺に在住もしくは通勤通学している人に知らせる方法がメジャーでした。

しかし、パソコンやスマホが普及した昨今では、それらの宣伝方法は使い方を工夫しないとほぼ効果が出ないものになってしまいました。(関連記事:テニススクールの集客方法のメリット・デメリットを徹底比較

最近あなたはチラシやのぼりをきっかけに何かを買ったり、どこかに行ったりした経験があるでしょうか?

多分誰もが「何を買おうか」、「どこに行こうか」とスマホを使って検索したはずです。

つまり、テニススクールに興味のある人にリーチするためにはホームページやブログ関連の強化は必須なのです。

キャンペーンの集客効果を最大化させるレッスンの質を高める方法

たくさんの人にリーチし、キャンペーンでお得な条件を用意したとしても、レッスンの質が低ければ入会者は増えません。

これは当たり前のことですが、レッスンの質を高めるためには生徒の「ニーズ」を正確に読み取り、それに応える必要があります。

インターネットの普及によって、整合性は抜きとしても生徒がテニスに関する豊富な知識にアクセスできるようになりました。

そのため、コーチが決めたマニュアル通りのレッスンをしているだけでは、生徒はもう満足できないでしょう。

これからのレッスンは生徒とコーチの双方向のコミュニケーションによって成り立っていくのです。

コーチがやりたいレッスン=生徒さんのやりたいレッスンではないことを肝に銘じなくてはいけません。

「コーチ対生徒」という関係性ではなく「人対人」としてきちんとコミュニケーションをすることでレッスンの質は自ずと上がるでしょう。

まとめ

キャンペーンというのは集客の本質的な改善にはなりません。

集客の最終フェーズでお客さんの背中をひと押しする程度の力しかないのです。

きちんと集客の土台である「リーチする力」と「コンテンツ力」がないと全く意味がないのです。

割引や特典のような小手先だけの策に溺れず、きちんとした土台を作り上げることが重要なのです。

管理人が運営しているPROJECT

ぜひ興味のある方はお気軽に問い合わせ・参加して下さい!

テニスコーチの収入アップ講座(無料)
インターネットを使って、好きなことや得意なことで人を集めたり、お金を稼いだりする方法を全30回の無料メールマガジンで教えています。メールやSNSでの相談も無料です。

テニススクール集客コンサルティング
独自のウェブ集客理論によって、1年間で横浜市にあるテニススクールの新規入会者数4倍、1ヶ月の売り上げ高110万円アップを達成しました。1ヶ月1案件限定ですが無料相談を受け付けています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページも更新中!